自動車保険の節約

車を所有している以上、ほぼ絶対に契約しなければならないのが自動車保険。つまり任意保険。自賠責保険は絶対ですが任意保険はあくまでも任意なので契約義務はありませんが、車に乗る以上、事故のリスクを考えれば外せない保険です。

しかし、任意保険も保険会社が沢山あり、様々なオプションロードサービスを提供しており条件が合えば割引も数多くあります

それらをしっかり適応すると補償が同じレベルでも相当、保険料は違ってきて年間で万単位の違いであることも多いです。

自動車保険を一度、じっくりと比較してみましょう。

自動車保険とは

自動車保険をしっかりと見直すに当たり、最低限は自動車保険について知っておかなければなりません。

基礎中の基礎なのでほとんどの人は知っているかもしれませんが知らないという人は少しなので基礎を学びましょう。


自動車保険は自賠責保険任意保険があります。自賠責保険とは契約義務がありナンバーが取得されている車はすべて契約されています。

ただし、目的は人身被害者の救済であり限度額も決まっており示談交渉も自分で行わなければなりません。

自賠責保険だけでは、ほとんどの交通事故全般を補償することができません。そこでほぼすべての自動車保有者は自賠責とは別に任意保険にも契約しているという事なのです。

任意保険は人身だけでなく物損など補償範囲も幅広く保険金額も大きく異なっており内訳として「相手への保険」、「自分(搭乗者)への保険」、「車のへの保険」となっています。

保険のみならずロードサービスや様々なオプション代理の示談交渉など様々なサービスも付帯しているのが任意保険です。

自動車保険を見直すポイント

自動車保険を見直す際、ポイントとなる項目は何か?それは3つあります。

補償内容(オプション含む)
サービス内容(ロードサービスなど)
割引内容

です。この3項目が保険会社によって異なりますので重点的に確認しておきましょう。

つまり比較材料としては上記の3項目をしっかりと確認し選べばより良い自動車保険が選べるのです。

補償内容を比較しよう

自動車保険の主な目的である、万が一の事故の際に補償される項目です。ここだけは絶対に疎かに出来ないのでじっくりと比較していく必要があります。

上記でも紹介しましたが「相手への保険」、「自分への保険」、「車への保険」で成り立っています。

まずは「相手への保険」ですが事故により相手を死なせてしまった、怪我をさせてしまった場合の補償はもちろん、相手の車、所有物などから事故によるガードレール、電柱、店舗、家などの物損への補償などです。

これらは億単位の請求が来ることもあり補償は「無制限」で契約するのが一般的です。なので大抵、この部分に関しては保険比較する際にはどれも同じになると思います。

・「対人賠償責任保険」「対物賠償責任保険

次に「自分への補償」ですが自分が死亡、怪我をした場合の補償だけでなく同乗している人もし相手が無保険だった場合の自分への補償などもあります。

・「人身傷害保険」「搭乗者傷害保険」「無保険車傷害保険」「自損事故保険

車への保険」というのが車両保険の事で事故を起こした際に自分の車を補償するためのものです。ただ、車両保険の契約はケースバイケースで契約率は他の2つよりも少ないです。

全損だとしても、新しく購入すれば良い訳なので流石に人生が狂うような事はほとんどないと思います。ただ、今廃車になったら新しく買うのは難しいという人はぜひ、契約しておきましょう。

車両の保険料は結構な割高であり、自動車の年数によっても補償額はさがっていき決して新しい車代金がそのまま入ってくるわけではありません。

今のライフスタイル、車の状況により契約するかしないかは本当にケースバイケースです。

・「車両保険

サービス内容を比較しよう

自動車保険では万が一の事故被害に対する実損の保障だけではありません。事故にかかわる様々なサービスも提供しています。自動車保険にはロードサービスが付帯しており事故だけでなく故障など緊急サービスも行ってくれるのです。

ただし、ロードサービスは保険会社によって多少異なりますのでそこも自動車保険比較時にしっかり確認して選ぶべきだと思います。

一般的なロードサービスの内容についていくつか紹介しておきます。

・バッテリー上がり
・ガス欠
・パンク時のタイヤ交換
・落輪
・キーの閉じ込み
・帰宅費用(宿泊費用)
・弁護士費用
など

保険会社によって無料で行ってくれる距離や補償する最高限度額など各社異なっていますので各社ロードサービスで詳しく確認しておいてください。

割引内容を比較しよう

自動車保険には様々な割引があり、これらを適応させればグンと保険料が安くなります

自動車保険は事故のリスクが少なければ少ないほど保険料が下がります。それが割引として反映されているのです。

割引は様々あり自動車保険会社によって異なっています。上手に多くの割引が適応されれば相当、保険料を抑える事が出来るのでしっかり比較していきましょう。

ここではどんな割引があるのかを一部、ご紹介していきたいと思います。

まずは少し別途の話で自動車保険にはリスクが少なければ保険料が安いという大前提はノンフリート等級別料率制度にあります。

ご存知の方も多いと思いますが自動車保険は1等~20等(一部22等)までに区分されており基本的に6等級からスタートし保険を使用しなければ1等級ずつ等級が上がっていきます。その等級によって割引率がどんどん安くなっていくのです。「無事故係数

そして事故を起こし保険を使用すれば3等級下がります。こうして事故のリスクによって様々な保険料の違いが生まれています。

一応、割引の話ですが基本割引で概ねすべての保険会社もこの制度を採用しており自動車保険を変えてもこの等級は引き継ぐことも可能なため特別な割引でもありません。

比較材料としては通常使用しませんが、保険料の基盤になってくるので比較する際にはしっかり何等級なのかを明記する必要があります。


それ以外にも割引制度というものがあり

ネット割引
インターネットで申し込むと割引されます。

保険証券不要割引

保険証券という紙を受け取らずネット上だけで閲覧するペーパーレスにすると割引されます。

早期契約割引

保険契約を早めに行うと割引されます

新車割引

契約車が新車の場合、割引されます。初度登録年月から25ヶ月以内というのが一般的な新車適応期間となっています。

そのほかにも

福祉車両割引
ASV割引
セカンドカー割引
エコカー割引
複数車両割引
ゴールド免許割引

などがあり、保険会社によって異なります。これらの割引を適応させた上でどの自動車保険が安いかを選ぶ必要があります。

団体保険でお得な気分?

自動車保険はどこも同じだと思っていると思います。しかし、私自身が体験し体感したことを嘘偽りなく申し上げると、どこも同じでは断じてありません。

実際、私は日本を代表する企業の自動車保険の団体割引を適応されていました。そのお得さを疑う余地もありませんでした。

団体割引の割引比率は間違い無いなくトップレベルだと思います。しかし、いろんな保険を確認してみるとそもそも保険料がかなり高い

今はネット割引など様々な割引が用意されており自動車保険の質を落とすことなく安い保険料で保険を提供している自動車保険会社も沢山あります

お得だと思っていた団体割引ですが実際に比較してみるとまったくお得では無いことは、しっかり比較してみるまで分かりませんでした

一度、自動車保険をしっかりと比較してみるべきだと思います。

インズウェブで見直せば安くなる

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)